職人気質
> ホーム > 新着情報
  • お問い合わせはこちらから
2017.9.25

燕三条ものづくりメッセ2017へ参加致します。

 新潟県燕三条市で2017年10月26日(木)~10月27日(金)に行われます燕三条モノづくりメッセ2017に弊社も参加致します。

 弊社は長岡市の産業振興団体であるものづくりネットワークの共同出展ブースにて参加致します。燕三条ものづくりメッセ2017へご来場の際は、是非弊社ブースへもお立ち寄り頂けましたら幸甚に存じます。

◆燕三条モノづくりメッセ2017
◆日時:2017年10月26日(木)10:00~17:00
    2017年10月27日(金)10:00~16:00
◆会場:燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市須頃1-17)
◆弊社ブース:04-074~079の一小間(長岡ものづくりネットワークブース内です。)

 ご来場を心よりお待ちしております。

2017.3.23

プレテック・エヌ 2018年春の新卒採用について

 

2018年春に向けての新卒者採用活動がスタートしております。 

 

今回も「にいがた就職応援団ナビ2018」にてデータ掲載しております。

弊社の採用情報の取得やエントリーが行えます。また、エントリーして頂けますと

会社説明会への参加申し込みや日程のご案内が可能です。

 https://www.niigata-job.ne.jp/2018/c/cdata.html?cmp_id=629

 上記にアクセスして是非エントリー頂ければ幸甚に存じます。

 

9月は以下の日程で合同説明会に参加致します。

◆就職縁日(朱鷺メッセ)
2017年9月9日(土)13:00~17:00 

 

 是非ご来場下さい!

2016.12.27

平成28年度 技能資格取得者インタビュー

 平成28年度は、弊社では5名の方が技能資格取得に取り組み、3名がマシニングセンタ作業の技能検定2級、1名が普通旋盤作業2級、1名が機械保全2級に合格し取得致しました。

 更にマシニングセンタ作業2級合格者3名の内の工機課加工係小林さんが新潟県平成28年度前期の技能競技大会1位入賞の栄誉に輝きましたので、今年度の技能資格取得者の代表としてインタビューに応えて頂きました。

 Q1.普段の業務について教えて下さい。

 普段は、CADCAMを用いてNC加工のための加工プログラムを作成しています。他には3次元モデルの作成や、加工に用いる治具の製作をしています。

Q2.今回の検定に当たり、その準備から検定当日に至るまで難しいと感じた所はどこですか?

 機械加工の中で一番重要な所は、精度だと思っています。それをどれだけ追い込めるかという所です。今回は、会社から講師の方を呼んで頂いて指導して頂いたり、技能を持っている先輩と一緒に課題に取り組むことで、技術を確認しながら学んでいく事ができました。また、測定器具一つで精度が変わってしまうことの重要性を改めて認識致しました。

 Q3.試験中の様子はどうでしたか?

 とにかく時間のなさを感じました。普段は余裕を持ってできる測定も会場の空気に呑まれて焦りながらやった印象です。ですがそれでも正確にできているという事は普段の業務の中でも着実に測定できているという裏付けになるのかなとも感じることができました。

 Q4.日頃の業務の中で培ってきた事で役に立ったなと感じた事はありましたか?

 自分より技術を持っていると思う方々が社内にいて、その人を手本に見たり聞いたりできた事が良かったと感じています。その方達から学ぶ事が多いし、助けてもらえた事が大きいのだと思います。
 普段のCADCAMを使う業務も、その人達から教えてもらった加工のやり方がベースになっていて、その上で初めていい仕事ができると感じています。

 Q5.取得前と取得後で何か変化はありましたか?

 自分のやってきた事がまず一つ見える形となったと思っています。後輩達が技能検定を受けたいという時は自分の知識や経験が少しでも活かせるかと思います。
 活動を始める前は「自分を高めよう」という視点が強かったのですが、今は「自分が一番になるよりも後輩に情報や知識の引き出しを沢山持って欲しいし、そのための助けになれればいい」という視点に変わってきました。
 技能を持った1人の人間が集中してその仕事をこなしていけばいいという事でなく、自分の持った技術や知識を次へ引き継いでいかなければいけないと考える様になりました。自分を踏み台にしてくれればいいと思っています。

 Q6.次は何を目標にしていますか?

  次の目標は、同僚や先輩と一緒に技能検定一級を目指したいです。また、上位に入れる様に努力していきたいと思います。今の仕事にも絶対にプラスになると思います。
 業務においては、機上でするものづくりの目線とCADCAM等のPC上で行うものづくりの目線の両方を培って、広い視野を持って良い製品づくりに取り組んでいきたいと思います。

 小林さん他4名の方含め、技能検定合格おめでとうございます。今後も1級合格やその他の技能資格取得を含めて精進を重ねて行って下さい。また、小林さんの言葉にもある様に、後輩はじめ他の方々も取得を目指して頂き、自らの手腕に太鼓判を押して行って頂きたいと思います。

 

2016.5.12

機械要素技術展 名古屋に出展致しました!

 去る平成28年4月19日から21日の三日間に名古屋で行われました機械要素技術展(M-tech)に参加して参りました。

 当日は、松浦機械のMX―520で削り出したくまちゃんや弊社と地場のデザイン系の大学の准教授の方と共同開発しております卓上の主軸移動式CNC旋盤等を展示致しました。

多くの方にご興味を持って弊社のPRをすることができました。ご来場頂有難う御座いました。

 

 

卓上スイス式CNC旋盤です。

 

切削くまちゃんです。

鉄工くまちゃんです。

 

 次回は平成28年6月22日(水)~6月24日(金)の三日間に東京ビッグサイトで行われます機械要素技術展(M-tech) 東京に出展致します。

是非ご来訪下さい。

 

2016.2.09

プレテック・エヌ 2017年春の新卒採用について

 2017年春の新卒採用に向けて色々と準備を進めております。

今回は「にいがた就職応援団ナビ2017」にてデータを掲載しております。
(3月1日より本格的にご確認頂けます。採用情報の確認やエントリーができます。)

http://www.niigata-job.ne.jp/2017/index.html

 上記のページの中に先輩社員の声というコンテンツがあります。
そこに掲載する去年入った先輩社員の顔写真を撮ってきたところ、なかなかいい笑顔が撮れました。

 

 今年は、以下の日程で合同説明会に参加致します。

◆就職縁日
2016年3月23日(水) 10:00~16:30 at 新潟市産業振興センター

◆やっぱ!ながおか就職ガイダンス 2017
2016年3月24日(木) 12:30~16:30 at アオーレ長岡

◆就職縁日
2016年4月29日(金) 13:00~17:00 at 朱鷺メッセ

 是非遊びに来て下さい。

2016.1.26

退職記念品無事寄贈完了!

定年退職の方が退職手続きに来社された際に無事に寄贈することができました。

長年の貢献やご尽力に対する感謝の気持ちが少しでも伝わったなら良いなと思います。

ありがとうございました。

2016.1.14

退職記念品製作中

平成28年1月16日に定年を迎えられる方に贈るプレートを製作しています。

金アルマイトを施したプレートに社のロゴを浮彫りになる様に彫り込んでます。

まだ荒加工の段階です。さあ退社手続きに来社されるまでに間に合うのでしょうか?

 

2015.11.17

熊出没注意!

 弊社の工場内にくまちゃんが出没しました。

マツウラのMX-520による削り出しのくまちゃんです。

展示会出展用・技術研鑽用に製作致しました。
今回はアルミ製です。

熊みたいな人が作ってます。

 

 

工機課課長さんです。

 

食堂でお披露目です。

弊社エントランスにてくまちゃんが皆様をお待ちしております!

2015.7.02

2015年6月機械技術要素展に出展しました。

株式会社プレテック・エヌは2015年6月23日~26日に東京ビッグサイトで行われた機械技術要素展(M-tech)へ出展して参りました。

今回は、長岡のものづくり促進団体でありますNAZE(長岡産業活性化協会)内の一ブースとして出展致しました。

弊社の様々な加工品と、弊社が設計を行いました長岡鉄工業青年研究会の青研ロボを携えての参加です。

2015.3.19

第63期 スローガン「一丸」

 弊社は、3月から新しい期になります。我々企業の命題は継続です。
中小企業を取り巻く環境は日々変化しております。継続し続けるためには、会社も日々変革と改善をしていかねばなりません。

『現状維持は衰退である』

 専務のその言葉の元、様々な改革が始まっています。
しかしその変革の原動力となる社員や部署が思い思いの方向を向いていては、変革は成し遂げられません。
63期は、全社一丸となり、一つの方向へ向かって変革と改善を実現し、お客様へより良い製品とサービスをお届けできる姿を目指します。

スローガンは『一丸』です。

目指すべき姿は“いい会社”です。

 

今期もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

※なお、スローガンの文字は専務の母上様から一筆振るって頂きました。 

 

上に戻る▲